ババコス

シリーズ: 素人セーラー服生中出し
素人セーラー服生中出し ○改 131 関根奈美 清楚なピュアJK!スベスベ肌にプリンプリンのお尻が魅力的!可愛い顔してオナニー毎日やっちゃいます。

拡大して見る
  • 品番SS-131
  • 発売日 2017/07/01
  • 収録時間130分
  • 価格2,980円
作品説明

身長153センチの微乳女子校生が援交!「えっそのままいれるんですか?」入れるに決まってます!十代のピンクマ●コに生挿入してカリから根元までズボズボばっこん!敏感でしかも生だから気持ちよくってそのスレンダーボディを反りまくりビクビクアクメ。「イクイクイいっちゃう〜」って連続絶頂フルコース!シメには恥ずかしながらも大量放尿!清楚な顔してかなりの変態JKさんでした!

作品レビュー

初恋を思い出す圧倒的な胸キュン透明感!!

この作品は最高です。

プラムのセーラー服シリーズのトップクラスの初恋感!!!

AVでこんなに胸がときめいた作品はまれでした!!!

 

眩しい、あぁ、制服眩しーーーーーーーー!!!

最近、1000人に1人の逸材みたいなのが流行っていたけれど、正に彼女はそれ!!

(どことなく橋●環奈ちゃんに似ている??)

あどけなさと屈託の無い笑顔、そして時々困り顔をしたり、まるでアイドルの様であります。

 

 

はぁ、僕は悩んじゃいます。

だって、この娘がこの後男とセックスをするんでしょ??

すっごい見たい、すんごい興奮しながら、何ならチンポ半立ちになりながら彼女の屈託のない笑顔を愛でてる訳だが、でも、何というか、制服の透き通る様な透明感、輝きが汚れていく様子は見たく無いという気持ちもある。

 

ニッコニコしながらエッチな会話しあって、ついに始まっちまった。

毎晩の様に見ていてほぼどうでも良いキスシーンですら、何だろう、このハートブレイク。

そうだ、この娘は僕の初恋とかそういう甘酸っぱい気持ちを呼び起こさせる表情の子。

 

何だろう。この胸の苦しみは…

大好きだった女の子とこういう行為をしてみたいな〜という妄想を寝る前毎晩していた気がする。

こういうのすごく裏山死刑です!!!!!!!!!

 

おっぱいを揉んでやがる。

そしてスカートの中に手をっ!!?

そして、彼女はちょっとハニかんでるやん!?

めっちゃいい雰囲気やん!?

ちょっと切ないけど、スッゲーエロい。

脱がずにエロい!!!

 

そしたら、次はパンツ見えちゃうやん!?

なにこの清純なパンツは!

めっちゃきゃわいーーーーーやん!!!

 

あれ、電マ出ちゃいますか!!!そうですか!!

個人的には、電マいらない!!

この娘が電マで悦ぶ姿はあんま見たく無いな…

しかもめちゃ感じてるし。

感じた時の顔、エロッ!!!少女から大人に変わるってこういうことやね。

 

四つん這い手マンからの、パンツをペロッ。

スカートをめくり上げ、パンツを下ろす瞬間、ものすごく興奮でした。

彼女の肌の感じもいいんです。

腰回りのすらっとした感じ、大人の様で子供の様な肌の感じ。

(勝手に)エバーグリーンな思い出と彼女の透明感が、この男に汚されていくと思うと、そしてこの後、男のペニスが彼女のワギナにハマっていくのであろうと思うと、無性にやるせ無い!!

そして、興奮しまくっている自分にもやるせない!!

 

クンニ、か…

 

ここで初めてのフェラッティオ!!!

まるで、初めてチンポを見たかの様な雰囲気!!

「えっ、なにこれ〜、やだ〜ん」

と言いつつも、しっかり目線はチンポへ、

こういう青春が欲しかったな!!!

 

キッタネーちんぽを咥える瞬間!!!

こっちまでドキドキしちゃう!!!!

(この後フェラシーンは、最高に興奮した!!それは本編でお楽しみあれ!!)

 

 

シーンは一気にセックスシーンへ。

まだ慣れない感じがいいですね〜

 

声も出てきた。エロいな〜。

表情が少女から大人へ、艶っぽい!

 

最後まで制服を脱ぎませんでした。

これがポイントです。

制服という神聖でエバーグリーンな領域を犯す行為は僕らの胸を高鳴らせますね!

そして一度足りとも乳首を見せない徹底ぶり。

 

彼女が勉強している姿、部活に勤しむ姿、友人と楽しく遊ぶ姿、好きな先輩とドキドキしながら話す姿。そしてAVに出てしまった背景。

 

それらを想像し、彼女の艶っぽい表情をご覧ください。

とてつもなく罪悪感と、もっと見たい欲望が泉の様に湧き出てくるはずです。

それが素人AVの醍醐味。

 

 

この後、オナニーや全裸でのセックスシーンがありましたが、やはり断然制服がオススメ。しかし、この娘の裸は綺麗でした。初めて乳首を拝見した時は非常に喜ばしい事この上なかったです。

 

前半後半を気分によって見分けて下さいませ。